スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できた

集中すること・・・




何時間だっけ?

ちょっと忘れてしまいましたが、

出来ました。

S-Houseのホームページです。

まだまだ、雑で発展途上なホームページですが、じっくりご覧ください。

おうちを建てたくなったら、是非。

では、こちらの大空間のある家からどうぞ!!!

スポンサーサイト

S-House工事中 Vol.22

<HP更新>

今回は、はやく・・・はやく・・・もっともはやく。

S-HouseのHPを作成しています。

ぜひ、こんな家作りもあるんだということをお知らせしたくて。

ちいさなちいさなところに、ちょこっとしたしぐさが見え隠れします。

たくさん閲覧してたくさんの方に紹介してほしいと思います。

こんな時代だからこそ、本当に気に入ったものを手に入れてほしい。

UPお楽しみに。

HPUP

いいでしょう?

車ですぐのところにこんなロケーションがあるんです。

羨ましい

S-House工事中 Vol.21

<引渡し>

なんだか淋しいです。

いつもながら、引き渡すのは少し感傷的になってしまいます。

出会いから引き渡すまでの短い期間ですが、その間の苦労がある分、愛着があるんです。

それも、毎回毎回いい出会いをさせていただいているので、

出会いの数、苦労の数だけ気持ちが残ってしまいます。

引き渡してからのお付き合いのほうが、長くなるはずなのに・・・



Sさんのおうちも例外ではなく、とても短い期間でしたが、いいおうちを建てさせていただきました。

鍵を渡す瞬間は、なんだかコトバでは言い表せない。

玄関をあけて、おうちに上がるときも・・・

昨日までは、当たり前のようにあがっていたおうちに、そのときから『おじゃまします』なんて。

すこし違和感。

その違和感は、Sさんも同じではないのか?

昨日までは、『こんにちは、お世話になります』

今日からは、『どうぞ、あがってください』

でも、それが当たり前なこと。

ぼくたち『粋』のおうちが、また1軒できあがった瞬間です。


出会いから、完成までの思い出を懐かしく話し合う。

すごい昔の思い出のように。

些細なことだが、話さないと分からないことやそのときの親方の苦労話に笑いがたえない。

小さい、ほんっとに小さいことでもそのときの苦労を話す。

それを話すことで、こちらの思いが伝わると思うからだ。

そんな苦労も、

『ありがとうございました』

というコトバと、あつい握手で吹き飛んでしまった。

『こちらこそ、ありがとうございました』

心の底から湧き出たコトバだった。

竣工の花

PROJECT K Vol.12

進行の兆しが見え始めました。

予算組みもほどほど出来上がり、プランももう少しで練りあがります。

ようやく・・・ようやく・・・


S-Houseも完成して、少し空いた時間で解体。

古民家では、解体するのを『ひも解く』というそうです。

確かに。

先人の技を見せ付けられながら、時間と共にさまざまな組み方をした構造材を

ひも解いていきたいと思います。

ちまたで、古民家を再生しているのを見たことがないので、

『構造材だけになったところを解体』

というときが、見たければ御一報を!!!

兆し

庭にあった『梅???』の木です。

来年は、この木を室内からにんまり眺められるはずだ。

S-House工事中 Vol.20

いよいよ、引渡しが迫ってきました。

数々のみせどころを作ってきたS-House。

とうとう完成とあいなりました。



とてもいい出会いといいおうちを提供してくれたSさんに感謝感謝。

限られた予算内で作らせて頂いたのですが、Sさんの満足度はいかほどか?

と、この期に及んでそんな心配事ばかりしてしまいます。

写真では、わかりにくいボリューム感を伝えられないのが、

『くやしいですっっっ!!!』



このおうちのために作った玄関ハンドル。

いかにもって感じの質感が、このS-Houseに色気をそえてくれました。

絶対、触りたくなりますよ。

建具工事2

彼女のBIRTHDAY

まわりでは、バレンタインデイとうかれています。

女性が、男性にチョコレートを渡す日だそうです。

そう、女性が男性に・・・

ですが、私の場合は違います。

違うというより、今年よく聴いた言葉。

『逆チョコ』

ならぬ、『逆プレゼント』。

毎年です。

彼女の誕生日が2月14日。

プレゼントを贈りだして16回目になります。



その16回目の誕生日を『風ノウタ』でお祝いしました。

2009.2.14誕生日


ムスメちゃん抜きで、ゆっくり食事をすることができました。

ひさびさに・・・

そこには、風ノウタのオーナーさん親子の笑い声と笑顔がありました。

こそっと予約をして伺ったので、サプライズ。

2009.2.14誕生日2

思いかけずの出来事だったので、ふたりともビックリ。

目頭が熱くなりました。

感謝感謝です。



その風ノウタができあがって1年が経とうとしていました。

その風ノウタで食事ができる。

とても幸せな気分にさせていただきました。

2009春の展示会

やってきました、恒例の材木展示会!!!

いつも楽しみにしています。

いろんな材木を見ることができるので、『へ~~~』、『ほ~~~』。

の連発です。

が、価格はシビアに交渉します。

妥協はしません、絶対に。

がめつい訳ではありません。

ケチなわけではありません。

厳しい目で賢く交渉しているんです。

と、いったら聞こえがいいでしょう?

2009春ナイス

STAND BY ME

不安定な世の中。

生き抜くことさえ、ままならない状況。

先が見えない靄がはるか先まで続く。

もがいても、もがいても抜けられない。


しかし、この状況がずっと続くわけではない。

靄は、いつか晴れる。

建築業界にも、とても濃い靄が立ち込めている。

そんな靄なんて・・・

と思いながらも、我が『粋』もその靄の中。

抜け切ってみせる!!!

それだけのことを今までしてきた。

という、自信には靄なんてたちこませない。

靄

STAND BY 粋

S-House工事中 Vol.19

<電気工事・水道工事・美装工事>

見えない敵との戦い。

いつ『バチッ』ってなるかわかりません。

電気屋さん。

最後の結線は、電柱からの引き込み。

一番電圧のある部分です。

『大丈夫かな~~~』

電気工事1

『ご心配なく』っていわれそうです、年季が違いますからね。

でも、最後まで気を抜かないように・・・



絶対にしてはならないもの・・・

水漏れ。

コレだけは、絶対に。

最近の配管は、昔より随分施工方法が楽になっているので、そういうことはあまりないそうです。

でも、慎重に、慎重に。

最近のおうちは、ほとんどがオール電化住宅。

なので、エコキュートとIHヒーターはつき物です。

最後のつなぎ込み・・・エコキュート。

水道工事1


慣れたもので、あっという間につないでしまいました。

これで、一安心です。

もう、いつ住んでもいい状態です。



中では、美装が終わりそうです。

丁寧に丁寧に美装しました。

おかげで、床の塗装が上手くいきそうです。

美装工事1


あとは、いい写真を撮るだけです。

S-House工事中 Vol.18

<タイル工事>

楽しみで楽しみで・・・

外部の打ち合わせ当初からの考えがありました。

地域ガラのこともあり、瓦・・・やっぱり瓦。

それも、屋根ではないところに。

???

って感じでしょう。

それもそのはず。



で、正解!!!

タイル工事1

四角い敷瓦に古い古いおうちにあった棟に飾る瓦をあしらう。

今では、棟にこういう瓦を使っているところは、めったにみることができないとおもいます。

それもそのはず、この瓦は、いつもの瓦屋さんが、

年代不明の古いおうちにあったものをストックしていたものなんです。

だから、一点もの。

希少価値、

これが出来上がったのを見た瞬間、「ゾクッ」としましたね。

かっこよすぎて。

自己満足ではないです。

ぜひ、実物をみてほしい。

今回のおうちも出来上がりが、非常にたのしみ。

表札も作家さんに作っていただきました。

工房AOIRの中野さんに依頼。

ガラスのエッチングをいつもしていただいているのですが、今回は瓦。

初体験だったそうです、瓦をエッチングするのは。

でも、さすがですね、バッチリです。

タイル工事2

涙ぐむ

「おおきくなったね」


心配で心配で眠れなかったとき。

愕然としながらも、信じてやることしかできなかったとき。

何もできない自分がもどかしくてたまらなかったとき。



アナタがえらんでくれた。

アナタが舞い降りてくれた。

アナタがいてくれた。



でも、アナタはたえず心配ばかりかけさせた。

普通では、経験することのない心配事。

でも、そのおかげで自分たちの中に特別な感情を詰め込んでくれた。

それを夫婦ともに感じることができた。

とても、いとおしい感情。

も、あるけどそれだけではない何か・・・



アナタがえらんでくれなければ、今の私たちはどうなっていたんだろう・・・

アナタがあのとき・・・

アナタが・・・



あのとき



とても、がんばったなんてありふれた言葉では足りない。

足りない分を埋めるために、いつもしてやれることは、アナタを抱きしめてやること。

おおきくなったアナタを一番確認することができる。

アナタの全てを受け入れたあのときから。






あのとき2


おおきくなったアナタは、あのころがうそのように元気。

アナタがするしぐさ全てがあのころを忘れさせてくれるよう。

でも、絶対にわすれない。

大事な大事なアナタのあかし。



アナタがうまれた2月2日。

あれから4年。

4歳になったアナタ。

おおきくなったアナタにしてやれることは、いまも変わらず抱きしめてやること。

抱きしめたときの一言は決まっている。

「おおきくなったね」

ほ・し・い

S-Houseの近所にある大通寺。

そこにとってもいいものを見つけた。

ほっしいいいいいい。

今度、だめもとでお願いしてみようかな。

鬼瓦2

鬼瓦1

S-House工事中 Vol.17

<内装工事>

大工工事が終わってからというもの、なかなかS-Houseに行くことができずに、

気になって気になって仕方なかったんです。

引き続き作業をしてくれている業者さんの進み具合がどんなものか・・・


そんな業者さんの中で、仕上げを左右するクロス工事をお願いしている方にお会いしました。

なんともアツイ方でした。

今回、更なるいい仕事をお願いするため、お願いした次第です。

アツイ方で、いろんな話をさせていただきました。

いままで、クロスの仕事では聞いたことのない内容でした。

たとえば・・・

『日中に光が当たる面は、当たる面にしるしをつけて、

ビスのパテやつなぎ目のパテはしっかりわからないくらいに・・・』とか

『コーナーにいれる補強材の部分は、パテを4回する』とか・・・

『大工さんの仕事がいいと、その仕事に答えるために、プレッシャーを感じる』とか・・・

初めてだったんです。

こんな話を聞いたクロスやさんは・・・

丁寧さがにじみ出ていました。

イイ業者さんと出会うことができました。

クロス工事1

プロフィール

粋のB型担当

Author:粋のB型担当
岡山のちっちゃな工務店
 
Studio 粋 のことと
日々の他愛もないことを少し・・・

Studio 粋のB型担当者が
わがままにつづっていきます

最近の記事
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
大きくなあれ
グーバーウォーク
あし@

あし@

ブロとも申請フォーム
住まいブログ

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。