スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年忘れ

<とうとう・・・>

今年も、気づけば年末。

一年一年があっという間に、駆け抜けていく。

のんべんだらりとすごしているのか?

充実した日々を過ごしているのか?

は、来年分かるはず。

でも、少しの成長の証として、今年は岡山の情報誌『OSERA』に掲載させていただきました。

小さな小さな工務店の小さな小さな情報発信です。

ささやかながら、ちょこっと掲載させていただいております。

目にとまった方は、ご覧ください。



今年一年、つたない文章にお付き合いいただき有難うございました。

読みにくかった文章も来年は・・・と思うばかりです。

この一年を振り返り、思うことは多々あります、いいことも悪いことも。

そんな一年に、日々の生活の成長の証が見受けられれば、その年は良しとしましょう。

と、自分勝手に診断してみました。



今年一年お世話になったみなさま、ありがとうございました。

そして、来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

K-House-2工事中 Vol.12

<ぞくぞく・・・>

年末も押し迫って、なんだか気ぜわしくなってきました。

(と、いいながら仕事納めをしてからの更新です。)

外部を終わらす工事も次々と、終わりにしていっています。

まず・・・

木工事では、破風という軒先につける雨よけの板を取り付けます。

今回は、杉の赤白をチョイス。

しっかりした木目にやさしい木味。

その破風に2手間を入れて取り付け。

あっ!!!

今回は、もう一手間いれました。

破風の継ぎ目が、しわりや反りで段違いにならないように栓を入れました。

木工事2

継ぎ目の上にある四角いものがそうです。

ちょっとの一手間ですけど、その一手間が、今後の綺麗さを演出してくれます。



次は、瓦工事です。

今回は、平瓦を葺きました。

この瓦は、多くのメーカーさんも使っていますが、S型瓦に比べて、

外観がシャープに見えるので、K-House-2にはよくあいます。

平瓦は、並べるのが楽なので、工事もどんどん進みます。

が、K-House-2は、風がキツイ。

しかも、今の時期は、夜露や霜が降りるので、朝は工事ができません。

なので、来ると慌しく工事を進めています。

瓦屋さんは、過酷な重労働です。

夏は、瓦が熱くて登りにくいし、冬は霜や夜露で滑って上がれないし、雨や風という天候に

左右されてしまう大変な職種なのです。

そんな状況でも、寡黙にもくもくと作業を進める瓦屋さん。

イイ仕事してます。

瓦工事

ワタクシは、高い所はちょっと苦手なので、聞いてみました。

すると、

『慣れ』 の一言!!!

過程

<ボクのその後>

近頃のボク。

お座りして、じ~~~~~。

と、しているといつもの彼女がひっつく。

ぎゅっぎゅ、ギュッギュと抱きつく。

ホッペとホッペをくっつけて、「かわいいね~~~」

は、微笑ましい姉弟愛に見えるのだが。

限度を知らない彼女のぎゅ~~~は、ボクには少しきついらしい。

案の定、大号泣。

ちょっと目を放したすきに・・・

してやられた、何たる不覚。

と、彼女に目をやると、しら~~~~んぷり。

何もなかったかのように、一人遊びに興じる彼女の手には、もうリカちゃんが握られている。

『こ、こいつ怒り

でも、彼女のしたことも怒れない。

その行為も、彼女の愛情の表れだからだ。

怒れない原因はもうひとつ。

ボクの泣いた顔がおかしくっておかしくって・・・

2009.12.22つむぎ

お口の中にちょっとのぞいた2本の歯が、可愛らしくって。

そういえば、バカボンにでてくるおまわりさんも2本あったな。

K-House-2工事中 Vol.11

<建前のその後・・・>

無事建前を終えたK-House-2。

ちゃくちゃくと屋根の下地工事を進めているのですが、

困ったことなのか、いいことなのか?



K-house-2の周りには、遮るものが全くない状況です。

田んぼのど真ん中ですからね。

そのお陰か、この時期になるとどうやらが強く吹くようです。

それもとてつもなく強く。

恐らく、ちょっとした台風が直撃したくらいに。

なので、間違いなく鼻水が出てくる。

それを、間違いなく横に流してくれる。

そして、間違いなく気づかない。

どうやら、間違いなく体感温度は氷点下。


そんなK-House-2、過酷な環境で工事をしている粋のメンバー。

悟りの境地まであと少し・・・

木工事1

H-House番外編 Vol.1

<その後・・・>

H-Houseが完成してから約1ヶ月。

気になるその後を聞くために、K-House-2の工事を終えて、夕方にお伺いした。

手には、いつもの所のいつものアレ。


インターホンを鳴らすのが何だか不思議な感覚がした。

いつも丁寧な奥さんが出迎えてくれて、やさしいご主人がなかに通してくれようとした。

が、僕らは木屑まみれで、靴の中もビッチャビチャ。

いくらなんでも・・・という状況だったので、玄関先で挨拶とお礼をして後にした。

ついこの間まで、ココで工事をしていたのに・・・という感覚に何だか慣れずにいる。

いつものことだが。

でも、この感覚がなくなったらお終いなんだと思う。

この感覚がなくなったら、その家に愛着がなくなったことの証明だからだ。

イクコの花

今回は、奥さんが望まれていた紫色をメインの色でアレンジメント。

紫の花は初だが、やはりイイ雰囲気に作ってもらえた。

送る側も送られる側も、満足できたんじゃないかな。

K-House-3工事中 番外編Vol.1

<話題に上がっていた・・・>

かねてから、打ち合わせ段階ではいつも話題のアレ!

そうあのアレ!

何かって?

Kさんとはアレで分かるアレ。

アレとは、

『バター』

仕事柄このようなものと関係があるようなので、いつも美味しいものを紹介していただくのです。

でも、なかなか専門店のようなところに行かないと出会うことができないんです。

いつかは・・・とは思っているのですが。



そのアレとは少し違うのですが、とうとう頂いてしまいました。

銀色の紙でラッピングされた四角い塊。

アロマーデ クレア

どこで売っているの?

と、いうくらい大きなもの。

専門の方が、洋菓子やパンなどに使うものだそうで、一般市場には出回らないものらしいです。

貴重です。

なので、大事に大事にちびちびと頂こうと思います。

フランスパンでも買いに行こうかな?

K-House-3工事中 Vol.1

<初登場>

とてもやさしいご夫婦と知り合うことができました。

そのご夫婦と知り合ってから、約8ヶ月。

まだお互いにおうちの妄想中です。

ここまで出ているのに、何かが分からない。

なにかが足りない。

なにかが。

それを探す迷路に迷い込んでいます。



本日、12月9日は、地ならしの日がいいため、土地の着工とさせていただきました。

本当は、立会いをしたかったのですが、K-House-2の上棟日とかぶってしまったので、

早朝に業者さんと打ち合わせしました。

その時間、5時50分!!!

はやい。

早すぎる。

でも次が・・・なので仕方アリマセンでした。

真っ暗の中、車のライトで照らされた敷地約700㎡。

おっきいです。

土地着工

約半分の整地を先行して工事させていただきます。

照らされた枯れ草が、夜露でぬれて幻想的に見えました。

K-House-2工事中 Vo.10

<上棟>

12月9日、水曜日。

何ヶ月待っただろうか?

紆余曲折を経て、ようやくこぎつけた上棟となりました。

前日の天気予報とにらめっこしながら、

『する?』

『しない?』

を繰り返す。

どうにか、当日はイケるという判断で臨んだ上棟。



わが粋のおうちは、どうやら一般的なおうちより少し大きいらしく、

なかなか作業もとんとん拍子とはいかない。

化粧で表しにする梁や柱がたくさんあるのも作業がはかどらない一因かも。

一番の原因は、通常の上棟するときの人員の半分で作業を進めるからかも?

でも、きっちり上棟はします。

いくら人数が少なくても、倍動けば問題なし。



何だかんだといいながらも、無事上棟と相成りました。

Kさん夫妻おめでとうございます。

上棟

写真が真っ暗なうえに分かりにくいのは、写真を撮る時間がなかったから。

次回のUPにはいい写真を撮っておこうと思います。



PROJECT K Vol.47

<しばし・・・>

K-House-2の工事の間に、一日だけ。

またもやの屋根工事です。

終わりが見えているのになかなか・・・ですが。

雨が降っても大丈夫なように、急いで急いで工事をすすめてきましたが、

あと一歩という所までしかできませんでした。

残念。

これからは、日曜日ごとの工事となりそうです。



師走に入っても、日中はすこし汗ばんだりするときがあります。

でも、朝晩は冷え込みが厳しくなってきました。

おかげで、朝晩に少しする焚き火が、小さい頃の思い出を甦らせてくれます。

実家でしていた五右衛門風呂の風呂水を焚く仕事を。

中学まで日課でしたね、毎日毎日。

冬はいいけど、夏は・・・

皆さんの想像通りです。



人には、というものに執着する気持があるようです。

火を焚いていると、次々に木や草や何かしら燃えるものを投じてしまう。

火を絶やさないように。

その火に、人が集まってくる。

語らいの時間が生まれ、ちょっとしたキャンプファイヤーと化す。

いま、その時間が世間話や打ち合わせなどの大切な有の時間となっている。

その反面、その燃え続ける火を見ているだけで、なんだか無になれる時もある。

時に有のときをあたえてくれ、時に無のときを与えてくれる。

木工事19

火遊びをしておねしょをしないように気をつけようっと。





K-House-2工事中 Vol.9

<始動>

ようやく始まったK-House-2。

今回は、ご主人の年回りのため小休止していました。

小休止中は、ご存知のようにPROJECT K進行中。

進行中ではありますが、しばしの中断をして、K-House-2に突入です。

久々の土台工事から上棟と、とんとん拍子に工事が進むと思われます。

が、上棟日あたりはなんだか雲行きが・・・

またしても?????

雨男のジンクスでしょうか?

最近はジンクスが身を潜めていたのですが、ここにきて・・・

なんにせよ、上棟日が雨になりませんように。

土台工事1

このK-Kouse-2のあたり、結構風が強くて、吹きさらし率100%!!!

夕暮れの太陽のきれいさも100%!!!


プロフィール

粋のB型担当

Author:粋のB型担当
岡山のちっちゃな工務店
 
Studio 粋 のことと
日々の他愛もないことを少し・・・

Studio 粋のB型担当者が
わがままにつづっていきます

最近の記事
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
大きくなあれ
グーバーウォーク
あし@

あし@

ブロとも申請フォーム
住まいブログ

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。