スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのころの・・・

< 坊や >

突然の BIG NEWS!!!

を、奥さんから告げられた。




な、な、なんとあのアーノルド坊やが亡くなったというではないか!

聴いた瞬間、淋しいのと同時に、とても懐かしく思った。

2010.05.31アーノルド


小学校の頃だっただろうか?

学校から帰ったら、なぜかつけてしまうTVにうつる、あのアメリカの番組。

とびきりのアメリカンジョークをとばすアーノルド坊やが、最高に面白かった。

『冗談は顔だけにしろよ!!!』のセリフと

喜怒哀楽の激しい顔をつくるあの坊やが、あの頃の私のアメリカだった。

大人になるにつれ、なぜか見なくなってしまったあの番組。

懐かしい、とにかく昭和のにおいのするあの頃が懐かしい。



時代は、繰り返すもので、今タイムリーで放送されているNHKのアルフという

アメリカのドラマをムスメちゃんが、毎週かかさず見ている。

以前、ムスメちゃんに『おもしろいんか?』と聞く私がいた。

あの頃の自分も同じように聞かれたのかもしれない。

当然、ムスメちゃんは『おもしろいんじゃ!!!』とこたえる。

そう、あの頃の私と同じように、ムスメちゃんもおもしろく感じているんだ。

アメリカンジョークおそるべし!!!



このショックなNEWSをきいて、『はっ!』としたことも。

アーノルド坊やの「ゲーリー・コールマン」さん42歳だったそうだ。

え~~~~~~~~~。

42歳にもなってたの?

と思う自分がいたけど、そりゃそうだな。

記憶があの頃のままになっていた。

役柄といえば仕方ないが、アーノルド坊やって言われるのは、ちょっとはずかしいのかな?

日本では、彼がそんなイメージ

『チビノリダー』

2010.05.31チビノリダー

もう結婚もしたのに、未だにチビノリダーのイメージのまま。。。。

スポンサーサイト

サウスポー

< だんご >

近頃のムスコくんの、めまぐるしい成長を実感している今日この頃。

その彼のいつものポーズといえば、眠たいときのコレ。

2010.05.25ツムギ

決まって、左の親指をおくちにイ~~~~~~ン!!!

この格好でないと落ち着かないそうです。

先日は、このポーズでふさって寝てしまいました。

で、まんまるだんごのできあがり。

2010.05.25ツムギ2

中身は、極上のもち肌。

でも、ときどきあんこ入り。

K-House-3工事中 Vol.12

< しのぐ >

おうちにとって一番の天敵。

雨。

漏れや浸食には十分に注意したいものです。



防ぐには・・・屋根。

建前が終わると一番に進める工事がコレ。

屋根仕舞という屋根を作る工事。

コレをいかに早く、そして綺麗に納めるか?

重要な所です。

粋の工事での屋根は、いろんなパターンがあって、今回はというと・・・

片流れの屋根に、垂木という木を少し見せて屋根裏も化粧にしています。

『和風なの?』

といわれると、そうでもないのです。

そこだけ見ると和風に近いかもしれませんが、全体で見ると・・・

お楽しみです。

そこは、これからの更新で想像してください。

木工事9

K-House-3工事中 Vol.11

< 理由 >

建前のその後の楽しみ。

を、ご主人、親族の方々そして粋のメンバー。

なによりご近所の小学生達。

が、心待ちにしていたんです。

なのに・・・

あめ

アメ



AME

rain(英語)

Lluvia(スペイン語)

Pluie(フランス語)



止む気配のない雨が少し憎たらしく。

そして、恨めしく思えました。

が、自然の摂理。

こういったお祝い事のときに降るには、何か理由があっての事。

全てを受け入れて、

もち投げ  を  もち渡し  に変更して大事に大事に渡させていただきました。

でも、渡すにしても、とてもじゃないが数が多すぎる。

そして、雨のため人出が少ない。

イコール

さばききれないほどのおもちとお菓子の山。

田舎恐るべし。

もちなげ





なんだか、羨ましく思えました。

こういった付き合いのできる親戚や近所付き合いが残っているということに。

次の子供の世代に残すべき風習だとひしひしと感じました。





K-House-3工事中 Vol.10

< ひとまず >

二日目に突入。

前日、いや3、4日前からにらめっこしていた絶対的権力を持った奴は?

というと、権力を存分に発揮してくれた。

やはり・・・というか、

またしても・・・というか、

とにかく、やってしまった。

雨男の実力発動



当日、朝早くからパラッと降っていたが、コレくらいは大丈夫だとタカをくくっていた。

『甘かった』

彼の実力は、本物だった。

まぎれもなく。

朝のうち、少し曇りがあったものの、その後はというと・・・

当たり前のように、降ってくる雨。

次第に強くなる雨。

そして、止むことすら想像できないくらいの強烈な雨。

自然といえば自然。

当然といえば当然。

必然といえば必然。

雨は、『福が降り込む』といわれるほど、縁起がいいものなんです。

でも・・・

作業する側から言わせてもらえれば、建前のときだけは、晴れがイイ。



降り続く雨の中の面々は・・・

びしょびしょの中、合羽も着ずにかけやをふる親方。

完全防備でかけやをふるMさん。

足元びしょびしょで玉掛けする私。

その手伝いをしてくれる左官のFさん。

それを見守るお施主さんとその親族の方々。

『棟まで・・・』を合言葉に棟上の作業に没頭。

お陰で、満ち潮時に棟をあげることができました。

無事、棟上することができて、『ホッ』と肩をなでおろしました。

田舎での棟上作業はなんとも楽しいものでした。

雨さえ降らなければ・・・ですが。

木工事6


で、最後の大仕事である大事な大事な作業、棟札の取り付け。

お施主さんと親方、そして私の3人で結んで取り付けました。

ちょっと感無量でしたね。

ここまでくるのに、約2年半。

ちなみに、粋での打ち合わせ期間は約1年です。

長い長い道のりのあとには、感動のゴールが待ち構えている。。。。。。はず。

木工事7

屋根の上からは、高梁川の土手が良く見えました。

下で作業を見守ってくれている方々の顔も。

そして、待ちに待った『 ○ ○ ○ 』が始まるのを待つ方々の顔も。。。





で、つづく。


K-House-3工事中 Vol.9

< 1日目 >

待ちに待った建前の工事。

あまりにも大きいため、2日に分けての建前となりました。

第1日目は、2階の床までの工事。

組み方が、難しいのなんのって!!!

玄関前に化粧の柱に梁があって、2階の床より少し下がって・・・

なんて具合にしているもんだから、組む順番に注意していないと、

組んだ後に、『さっき組んだ部分を外して』

なんて事になりかねない。

なので、慎重に慎重に図面とにらめっこ。

そこで、ちょっと時間がかかっちゃいました。

でも、その後は、順調順調。

クリの大黒柱と桧の小黒柱が、大きな化粧梁を見事に支えてくれました。

圧巻!!!

木工事3

大黒柱のあるおうちを設計させていただくのは、初めてですが、なんともいいもんです。

あの圧倒的な存在感は、他の柱にはない!!!

その柱の上に架かっているのが、あの大きな梁。

こちらも素晴らしくいい雰囲気を持った梁で、文句のつけようがない。

木工事5



1日目に、無事に1階部分の組み方が終了しました。

さあ、メインは2日目!!!





は、つづく。。。

K-House-3工事中 Vol.8

< つむ >

建前の前に必ずする作業。

まず、土台を組む。

この土台、コレがまっすぐに組んでいないと、

後々のおうちの精度にかかわってくるので、

基礎に埋めたアンカーボルトで丁寧に取り付けていきます。

次に、柱と梁を組む組み方という作業。

これは、人数がたくさんいると必要ないのですが、

粋の建前は、いつも少数です。

建前のとき、あらかじめ組んでおけば、作業が短縮できるんです。

でも、結構重い梁に柱を組んでいくので、

梁をたくさんの梁の山から探して運ぶのが・・・

木工事1

組みあがったのが、コレ。

手前に見えている他に、奥ともうひとつ同じような組んだ山があります。

久々に、たくさん組みましたね、ちょっと腕が疲れるくらいに。

でも、このほかに、途方もない梁の山が待ち構えているんです。

その山の中でも、一番は高さは42cmものの化粧梁!!!

BIGサイズです。

なかなか、お目にかかれないと思います。

この梁が、あそこに見えてこうなって・・・

圧巻です。

木工事2

この梁、ちなみに長さも5m!!!





K-House-3工事中 Vol.7

< いつでも >

現在のK-House-3の状況はというと、これだ!!!

基礎工事2

天候に恵まれて、基礎の養生がしっかりできている所です。

この基礎もコンクリートを打ったばっかりだと固まっていないので、養生という凝固・乾燥期間を設けるんです。

この期間があるから、アンカーボルトという基礎と土台を繋げる金物が抜けなくなるんです。

写真にチラッと見えている短いボルトです。

ちなみに長いほうは、ホールダウンという、また違った金物です。

こちらの説明は、またの機会に・・・

話がそれましたが、このアンカーボルト、今回のおうちには、

なんと140本

通常のおうちは、100いかないくらい。

いかに大きいかっ。

ただ大きく設計したわけじゃない。

視覚の細工をちょこっと取り入れています、大きく広く見せるために。

もう、養生期間もこの連休で十分取れると思います。

いつでも、土台を据えに行っても良い頃です。



K-House-3の広い敷地には、只今お孫さんのために、鯉のぼりが泳いでいます。

季節の流れを感じますね。

なかなか、鯉のぼりを泳がすことができる敷地に家を建てることがないので、

近くでまじまじと見るのは、とても新鮮です。

季節は、鯉のぼりから雨、そして入道雲へ。

プロフィール

粋のB型担当

Author:粋のB型担当
岡山のちっちゃな工務店
 
Studio 粋 のことと
日々の他愛もないことを少し・・・

Studio 粋のB型担当者が
わがままにつづっていきます

最近の記事
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
大きくなあれ
グーバーウォーク
あし@

あし@

ブロとも申請フォーム
住まいブログ

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。