スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-House-3工事中 Vol.26

< 切り替え >

以前、紹介した造Ⅱのその後です。

木工事15

真っ最中の写真です。

こちらは、小上がりの和室となっております。

かどは、カウンターをつくり出窓風に、床はもちろん畳を入れます。

2階部分の共用のフリースペースとして使われる予定です。

洋のスペースの中に和のスペースを盛り込み、目線をおとす。

日々の生活にも、一呼吸おいて、目線を変えて欲しいですね。

スポンサーサイト

PROJECT K Vol.54

< 停止 >

までとはいきませんが、すこし滞っています。

週末ごとに、さまざまな用事と仕事の関係で、なかなか思うようにできません。

なので、朝早くだとか、夕方少しだとかという風にしないと進みそうにありません。

頑張らねば・・・

木工事21

日本瓦を乗せて、中2階の古民家がやっと現れました。

先は、長いですが・・・

K-House-3工事中 Vol.25

< 造Ⅱ >

もう一段階。

空間の質を上げるために、ひとひねり。

少しのことが、全体のバランスを調整して、お互いに高めあう。

そんな空間になりつつあります。

といっても、まだまだですが。

でも、雰囲気だけはつかみ取れてきました。

こんな作業の細かな所に、質が宿っているのです。

木工事14

2階のある部分の細工です。

全体像は、またの機会に・・・

K-House-3工事中 Vol.24

< 造 >

造り込む過程には、いくつものアイデアとひらめきと技術が必要です。

ちょっとしたことでも、位置・バランス・強度・取り合いなどと

たくさん関係してくるものがあります。

これは、建築以外でもいえることです。

が、こと建築となると、1回すると変更がなかなかできないので、

すべてにおいて、慎重になってしまいます。

でも、造り込んだものには、何かいい得ない雰囲気があります。

もっともっと造り込んだものをと意気込む今日この頃。

木工事13

ちなみに、このL字に組んだカウンターは、ご主人向けに高さを調整したものです。

といっても、造作なので、すべてお施主さん次第なので、どんなことでもできます。

このようなカウンターなら、いま住んでいるおうちに付ける事もできますよ。

K-House-3工事中 Vol.23

< 組 >

苦心の作が、組みあがりました。

プランから作成・取り付けまでと結構な道のりでしたが、待望の玄関ドアの取り付けとなりました。

待ってましたよ。

作成となってからも、材料の調達から、お施主さん立会いのラフプラン。

そして私の立会いで最終の確認、ようやく作成という長い長い段階を踏んでの取り付けとなりました。

長かったですね。

でもその分、感動もひとしおです。

では、その玄関ドア、ご覧あれ!!!

建具工事1

松という材に凹凸をつけて、なおかつ大小・長短の材の組み合わせ、それに柾目と木目を混ぜる。

粋でしょう?

ひとつの材のいろんな表情を引き出す。

ひとつでは、短所のものも組み合わせることで、長所となり、お互いを高めあう。

そんな夫婦のように、家族のように。

K-House-3工事中 Vol.22

< 作り出す >

今、世界中で注目の的のもの。

太陽光発電

K-House-3にもつけちゃいます。

太陽の恵みをふんだんに利用することができるもの。

次世代の環境に配慮した画期的なものなのです。

国や各自治体などの補助金がありますが、圧倒的に受注数が多いため、

補助金が足りなくなってきている状況です。

残念ながら、注文しても補助金はないし、商品も品薄状態が続いているようです。

補助金があるのとないのでは、雲泥の差ですからね。

補助金の予算が組まれるまでは、待てませんからね。

だって、いつになるか分からない状況なんですから。

でも、K-House-3は当初から計画していたので、国・県・市すべての補助金が受けられました。

金額にすると、約52万円くらいですかね。

ね、あるのとないのとでは大違いでしょう?

その太陽光発電を、しっかり乗せちゃいました。

電気工事2

なんだ、コレだけ?

ではありませんよ、しっかり5Kw分を乗せていますからね。

環境がいいだけに、発電量に申し分はアリマセン。

老後のために先行投資したと思えば、安い買い物だと思います。

お考えの方は、是非。

PROJECT K Vol.53

< 鬼 >

とうとう、いや、やっとというべきか。

まってました!!!な感じで、鬼瓦の取り付けです。

鬼瓦と言っても、いろんな種類があります。

通常よくあるのは、わりとあっさりとしたカイズ

これは、結構見ますね。本瓦の家には良く似合います。

でも、古民家ですからね、ちょっとひねりました。

灰汁が強くてもいけないし、あっさりしすぎてもいけない。

かといってどこにでもあるようなものはしたくない。

ということで、コレをつけてもらいました。

数珠掛というらしいです。

あっさりしすぎでもないし、仰々しくもない。

瓦工事4

こんな感じになりました。

写真を撮ったのは、数日前なので、もう大屋根の棟や鬼瓦の取り付けも出来上がっている頃です。

その写真は、また次回に。。。




本瓦をされる方!!!

是非、瓦屋さんや施工会社さんといろんな鬼瓦を検討してください。

ちょうどいいバランスの鬼瓦が見つかると思います。

鬼瓦を選ぶのってムズカシイ。

プロフィール

粋のB型担当

Author:粋のB型担当
岡山のちっちゃな工務店
 
Studio 粋 のことと
日々の他愛もないことを少し・・・

Studio 粋のB型担当者が
わがままにつづっていきます

最近の記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
大きくなあれ
グーバーウォーク
あし@

あし@

ブロとも申請フォーム
住まいブログ

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。