スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PROJECT K Vol.29

<木工事1・・・土台敷き>

ついに我が家にも、土台がやってきました。

古民家でしたので、土台関係の部材は、使用不可能でした。

残念!!!

で、新たに、桧の土台を入れることにしました。

土台を敷く事自体は、大したことではないのですが、

もともとあった柱とつなぎ合わせることが至難の業です。

元の柱の下部は、結構な腐食があり使うか、否か・・・

という感じでの選択が難しいです。

でも、ほとんどの柱は使えそうです。

『ホッ』

土台敷き1



新材と古材

通常、新材は機械乾燥材を使用する場合と乾燥していない材を使用する場合があります。

今回の我が家は、そのどちらでもないものを・・・

自然乾燥材(NATURAL DRY)を使用します。

機械乾燥材にくらべて粘りがあり、乾燥していない材にくらべて収縮が少ないという

メリットがあります。

でも、デメリットもあるんです。

自然乾燥材は、ワレがくるんです。

それをお施主さんが気にするので、なかなか使用できないのです。

でも、今回は古民家です。

我が家です。

もう、100年以上経っているので、ワレなんかいっぱい。

ワレも古民家ならでは。

次回の構造材搬入が楽しみです。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

粋のB型担当

Author:粋のB型担当
岡山のちっちゃな工務店
 
Studio 粋 のことと
日々の他愛もないことを少し・・・

Studio 粋のB型担当者が
わがままにつづっていきます

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
大きくなあれ
グーバーウォーク
あし@

あし@

ブロとも申請フォーム
住まいブログ

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。